【レーシック手術】レーシックはどのように行われるのか

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

 





3階建てならクリック
3階建ておすすめ
URL:http://www.toyotahome.co.jp/chumon/style/3floor.html


【レーシック手術】レーシックはどのように行われるのかブログ:02-4-19

夕方食と言えば、9時食や11時食に比べると、
たくさん食べがちで、カロリーが高くなってしまう傾向がありますが…

ダイエット中の夕方食は、
なるべく1日の栄養バランスを考えて、
9時食や11時食で取れなかった栄養素をしっかり摂取しながら、
低カロリーに抑えるのがポイントですね。

お酒を飲む方は、
おつまみを食べにくいもの(枝豆、乾き物、銀杏など) に変えると、
食べる量を抑えられますよ。

麺類やどんぶり物はあまり噛まず、
つい早食いになってしまう傾向があるので、
なるべく噛む食材を取り入れるといいと思います。

魚など骨をよけながら食べるものも、
ゆっくり食事ができて、ダイエットには効果的です。

夕方食が17時遅くまってしまう場合は
特に、低脂肪高たんぱく低カロリーを心がけ、
就寝の2時間前までには食べましょう。

わたくしが、夕方食のおかずとしてお勧めしたいのは、
「汁物」です。

味噌汁やお吸い物といった汁物を、
ご飯を食べるときに最初にとると、
それでウエストが膨れ、食べ過ぎが防止できて、
低カロリーに抑えられますよ。

たくさん食べたい時には、「鍋」がお勧めです。
野菜もたくさんとれますし、熱いのでゆっくり食べられます。
バリエーションも豊富ですし、
自分の好きな味で色々楽しめるのもいいですよね。

からだも温まり、基礎代謝量もアップするので、
ダイエットには最適のメニューだと思います。

夕方食のおかずは高たんぱくな肉類もお勧めですが、
魚類もお勧めです。

魚に含まれるDHAには、脳の働きを活性化させる働きがあり、
コレステロールの低下や生活習慣病の予防にも効果があります。
健康的なダイエットの強い味方だと言えますね。