【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

 



【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシックブログ:20-7-19

(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

せっかくの休みにおとなしくしてよう
と思っていたのに天気は雲ひとつない晴天

ちょっと洗濯して、片付けを始めたら・・・
昼寝する暇なーーーーーしっ!!

5日実家に行くから、衣替えした使わない
洋服を持って行こうと思って。

あれこれやってたら、足クビが痛い。。。

もう少し広い部屋に引っ越したいけど、お金ないし。

プロ級ガリヤセセットもやめようかなー。

エアロビクスからステップボーイに
変えて、寒天ゼリーから間食しないよう
胃も小さくしたせいか7`痩せたんだけどね。

結構地元に戻ってきている子もいるって父に
聞いたから、実家暮らしの子も増えているみたいだけど、
自由がなくなるもんなー。

17時に腕立て伏せとかやってたら、怒られ
そうだしー。

帰る時間も気にしないといけないから、仕事帰りに友達と
小樽で会って〜って言うのも気を使うし。

17時とか時間気にしながら動くのも、ちょっと
ねー。

居候は何かと気にしないといけないし、実家にお金は
入れるけど、今の方がやっぱり気楽かなー。


それにしても、本当に不景気って嫌だね。

実家に戻ってきた子達も、仕事を辞めて転職するとか
言うけど、減給だったり、会社がヤバイ状態だったり、
仕事が理由な人も多くて。

エックス線作業主任者を・・・とか仕事のために考えて勉強を
してる人も多いみたいで。

なんか、今の厳しさを思い知らされる気がする。

痩せたなーと思ったら、不健康に痩せてたり、病気に
なりそう・・・というか、なって痩せるのも嫌だよね。

はあ〜、バブルは二度とやってこないのかな。